NEWS

ステッカーを貴社で制作する際の注意点

  • 2020.12.25
  • 企業向け

こんにちは、モーバ運営です。

モーバに広告宣伝を依頼する企業の皆様の中には、既にデザインデータやステッカーをお持ちのところも

あるかと思います。

モーバでは、ステッカーの制作依頼も持ち込み希望も、どちらでも対応可能です。

制作を依頼する場合はデザイン費+ステッカー費を都度お見積もりになりますが、持ち込み希望の場合は基本的に、広告開始までの間に、特に費用が掛かるものではありません。

ただし、このステッカーは一般のドライバー様のクルマに実際に貼り付けるものなので、材質やデザイン等を考慮する必要があります。

これからそのあたりの注意点を紹介させていただきます。

ステッカーを自社で制作する際のポイント ・素材は屋外用の自動車向けにする
・ステッカーサイズを確認する
・効果的なデザインを考える
・目立つことを確認する
・モーバまで送付する



それでは、上の項目を一つずつ説明していきたいと思います。

 

1:素材は屋外用の自動車向けにする

一般の方のクルマに長い間貼り付けるものになりますので、素材は必ず「自動車向け」に適したものにしてください。

そのため、基本的には材質は塩ビのような素材になりますが、自動車に貼り付ける目的で販売されているものであれば、細かな部分はご検討頂けるものとなります。

材質に関しては当社で確認の上、ドライバーへ送付することとなりますので、万が一自動車向け以外のもので制作されていた場合はご返却となりますことを、ご了承ください。

また、一概に屋外向けといえど、種類についてはさらに細かく分かれております。

例えば、裏地が透けて見える透明素材や、車のライトに反射することで光って見える反射素材など、屋外向けの、どんなステッカータイプにするのか、それにより、制作するデザインや色味も考慮する必要があります。

デザインや素材に関して、詳しくは「ご利用ガイド」のページをご確認ください。

2:ステッカーサイズを確認する

ステッカーのサイズは規定があります。

このステッカーサイズですが、国内を走る自動車の多くに適合するもの、かつ宣伝に対して、最大限効果的である大きさを算出したサイズになっています。

クルマにステッカーを貼り付ける場所は2カ所(リアガラス/ボディ)になりますので、そのどちらに貼り付けるかによってサイズが変わってきます。

正確なサイズは下記になります。

・リアガラスへの広告掲出は、30センチ×60センチ

・ボディへの広告掲出は、35センチ×40センチ

3:効果的なデザインを考える

広告を掲載するのですから、効果的なステッカーを制作する必要があります。

その広告が効果的かどうかというのは、見てもらうことと、覚えてもらうこと。その両方になります。

どちらか一方でも欠けてしまうと、その広告は意味がなくなってしまうほど、重要な要素が、このデザインになります。

クルマに掲出されるということは、後ろを走っているクルマ、街を歩く歩行者、渋滞中の周囲の車、クルマを止めた駐車場を通り過ぎる人、ドライバーの友人知人・・・

沢山の場面で人の目に触れることになります。

文字の大きさ、色合い、挿入する画像など、どうすれば効果的か、是非考えてみて下さい。

ちなみにですが、デザインは素材によって左右されるところもあり、例えばステッカー自体が透けて見える「シースルー素材」などの場合、天候や日照などの影響により、QRコードが読みづらくなったりする場合もございます。

デザイン制作を開始する前には、素材との兼ね合いも考慮しなければならない場合があることを覚えておいてくださいね!

4:目立つことを確認する

ここでの「目立つ」とは、単に明るくすればいいという訳ではありません。

クルマには車体の色や窓ガラスの曇り具合がありますので、その色味と合わせた時に、必ず読みやすい色である必要があるからです。

例えば、赤のボディに赤い字で書いた宣伝文があっても色が同調しあってしまい、文字は読みづらくなります。

窓ガラスであれば例えガラス自体が透明であっても車内は暗くなるので、黒っぽい文字の場合、目立たなくなってしまいます。

どの色にすべきなのか分からなければ、貼り付ける場所の色に対して、なるべく補色(色相環で正反対の色)に近い色を選ぶのがお勧めです。

詳しくは「広告出稿のご案内」内の「ステッカーについて」のページを、ご確認ください。

 

5:モーバまで送付する

最後に、出来上がったステッカーを当社までご送付ください。

その際は、配送中や不意の落下などでステッカー自身に折り目がつかないよう、段ボールや筒など、固い素材で包んで送付するようにしてください。

送り先は、以下になります。

〒240-0051
神奈川県横浜市保土ヶ谷区上菅田町204-48
合同会社モーバ 宛

 

ということで以上、「ステッカー制作時の注意点」でした。

こう見ていくと、単純にステッカーを制作すればいいわけではなく、各広告主様の意向や、商品イメージとの兼ね合いなど、細かな部分まで検討する必要があることが分かります。

ステッカー制作が煩わしい場合は、デザイン~ステッカー発行まで、当社に全てを丸投げすることも可能なので、その際はお気軽にご相談いただければと思います。

ご相談は「お問い合わせページ」から、ご連絡を心よりお待ちしております!

カテゴリー

過去のお知らせ